理事長挨拶

 「道州制」および「地方分権」が推進される中、今後、都市間競争がさらに激化することは、容易に予想され、地域内のさらなる経済力強化が求められています。青森地域のような人口が比較的少ない地域においては、経済力強化をするためには、域内での経済・産業活動を活発化、生産力を強化することに加え、大都市部の市場を取り込むといったマーケティング活動も重要となります。
消費活動の活性化や観光誘客のためのPRにおいては、いかにして利用者(観光客)の目に青森の情報に触れていいただくか、興味を持っていただくかが重要となります。そのためには、効果的なPRとして映像媒体を活用し、青森の自然、文化を含めた地域の魅力を発信していくことが不可欠です。
青森県は映画「八甲田山」をはじめ、様々な映像作品の舞台となり、古くから映像文化が発展する土壌を有しており、近年も多くの映像作品が本県を舞台に撮影されていることから、今後とも本県の映像文化の維持および更なる発展を求める声も少なくありません。これまでも自治体および観光関連団体による様々な観光PRが展開されておりますが、テレビ局や映画会社等の映像制作会社への働きかけや撮影時の支援については、不十分な対応しかできていない状況にありました。映像媒体を通じて、豊かな自然環境、ねぶた祭りをはじめとした文化風習など、青森地域の魅力を伝えるためには、今後一層の働きかけや支援を行っていく必要がございます。
こうした我々の住む地域が抱える課題に取り組むためには、地域住民、民間企業、自治体、各種団体のみなさまと連携した活動を展開していくことが不可欠でございます。そのため、上記のような本会の目的、業務推進にご賛同いただき、多くの方々が参加しやすいものとするために「青森フィルムコミュション」を設立するに至りました。本会は、青森で撮影される映画およびテレビ番組その他の映像制作を支援し、その映像作品を通じて青森の自然や文化その他の地域資源が紹介され、青森の経済および映像文化の発展に寄与することを目的としております。

青森フィルムコミッション
理事長 鹿内 一徳

住 所 青森県青森市大字諏訪沢字桜川108-3
メール
Copyright c2008 Town Information Communication's All rights reserved.